RECOMMEND
小さなジャムの家
小さなジャムの家 (JUGEMレビュー »)
クリスティーヌ・フェルベール
 サロン・ド・ショコラでも話題になった「ジャムの妖精」と呼ばれるフェルベールさんのレシピ集。
これを見てジャムを作っても写真を眺めてフランスにいる気分を味わっても素敵ですね★
RECOMMEND
e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ3』
e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ3』 (JUGEMレビュー »)
きむら かよ,晶子,アコ
 今回もかよさん、アコさん達の作られた素敵なお菓子とお料理がたくさん載った、とてもかわいい本です♪
 シンデレラとチョコレートのお城のケーキや、ミートローフやフィッシュパイがストライクジーンまっしぐらです★
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

atelier de Sucre

アトリエ・ドゥ・シュークルのレッスンやイベントの案内・レポートのブログ。
たまにおすすめの本や道具の紹介も。
にんじんとゴマでヘルシースイーツ@手土産スイーツレッスン2月
0
    にんじんケーキ お茶

     2月の手土産スイーツレッスンはバターケーキをベースにヘルシー素材のにんじんとゴマを入れ込んだカップケーキのレクチャーです。

     シンプルだけど奥の深いバターケーキの作り方をじっくりとレクチャーしました。皆様変わりゆく生地の状態をじっくりと観察していましたね。とにかく目で見て生地の状態を目に焼き付けてくださいね〜♪

     にんじんケーキもゴマケーキもこれでもかっというくらいたくさん入れ込んでありますが、食べてみるとそんなに入っているのが気にならないくらいおいしいカップケーキになっています。しかもこのサイズ、大きさがちょうどよすぎてついついあともう1つと手が伸びそうに・・・。キケンキケン。

    にんじんケーキ 3

     今回はにんじんケーキにアイシングでデコレーションをしてもらいました。
     どのコたちもとってもかわいくおめかしされて皆様のおうちへ。

     試食の時間には焼きたてのにんじんケーキとゴマケーキの他に、にんじんのグラッセとクリームでデコレーションされたケーキもお出ししました(写真がボケすぎたので今回はないです、ゴメンナサイ)

     今月も皆様どうごありがとうございました〜♪
     来月は人気の高いスポンジ生地とカスタードクリームのお菓子です★お楽しみに♪
    | 手土産スイーツレッスン レポート | 16:24 | - | trackbacks(0) | - | - |
    かわいいチョコレート菓子でバレンタイン@手土産スイーツレッスン1月
    0
      手土産スイーツ1月 1

       今年最初の手土産スイーツレッスンはチョコレート菓子を。来月バレンタインですしねー。・・・って私誰にあげましょうかね(汗)

       今年は「パヴェ」をやろうと決めていたので、「ロッシェ」と「オランジュ」の2つを。どちらも2種類のチョコレートをブレンドし、洋酒をガツンと効かせたものに。時間がたってももちろんおいしいけど、出来立てのトロントロンのパヴェはもっとたまらなく。これを味わえるのは作った人の特権〜♪

       もう1品はパヴェと一緒に詰め合わせてもかわいいココアのマドレーヌ。小さなマドレーヌ型で作るので1個つまみ始めるとエンドレスにつまみます(爆)

      手土産スイーツ1月 2

       試食のときにはマドレーヌはマーガレット型で焼きたてのものを「ピンククリーム」と一緒に。あとはパヴェはお好きなだけ♪
       今月はコーヒーを「コーヒーカジタ」からチョコレートに合うものを選んでいただいたものをお出ししました。これがまた止まらなく。

       来月からは会場も変わり、気分一新してがんばりますっ。
       生徒の皆さん今月もどうもありがとうございました。
      | 手土産スイーツレッスン レポート | 08:57 | - | trackbacks(0) | - | - |
      トロトローなタルトショコラ@手土産スイーツレッスン12月
      0
        タルトショコラ

         今月もタルト、ちなみにプライベートでもよく作る1品です。

         初めて焼きたてのタルトショコラをいただいて、こんなにタルトショコラっておいしんだーって思って何度も焼きました。そのうちにココはこんなふうに・・・とアレコレ試行錯誤して今のレシピに落ち着きました。

         洋梨のタルトとはまた違うタルト生地。あえて生地を変えたのはそれなりのこだわりです。やっと最近になって「パート・シュクレ」のよさがわかるようになりました。

         今回は簡単においしい、まるで悪魔のように魅惑的なグラサージュをかけ、チョコレートで作った葉っぱとアラザンでおめかし。普段はこういった作業はしなくてもイベント時期にはこんな華やかなお菓子を作りたくなりますよね。

        タルトショコラ2

         お茶の時間には焼きたてのトロッとした状態のタルトと、冷えて生地がしまった状態のタルトを両方をお出ししました。
         同じ材料・同じ製法で作っても「時間の差」でこんなに違うなんてびっくりですよね〜。
         紅茶はクリスマスが近いので「マリアージュ・フレール」の「エスプリ・ド・ノエル」を。スパイシーな紅茶は体を温めてくれますし、チョコレートとよく合います。やっぱりクリスマスティーはフランスの紅茶が一番と思っています。

         今年も無事に1年レッスンを終えることが出来ました。来年は場所を移転し新たな気持ちでスタートします。
         来年も今年以上に楽しくておいしいレッスンを目指してまいります。

         どうぞ皆様これからもよろしくお願いいたします!
        | 手土産スイーツレッスン レポート | 22:26 | - | trackbacks(0) | - | - |
        サクサクジューシーなタルト@手土産スイーツレッスン11月
        0
          洋梨のタルト

           今月は去年諸事情により中止になった洋ナシのタルトです。

           一見フツーのタルトですが、ところどころに一工夫されております。それはナイショ。

           今回全ての工程をあえてフードプロセッサーで作りました。手軽に出来るのはもちろんだけど、今回の生地に関しては手でやるよりも簡単でよりいい状態のものが出来ます。

           タルト生地は本来ならクッキーにも使えそうなリッチな生地。洋梨は今が旬のラ・フランスをコトコトコンポートにしたものをたっぷりと敷きこんでしっかりと焼きこんであります。
           タルトはサクサク、中のアーモンドクリームと洋梨はジューシー、今だからこそ楽しめる秋スイーツになりました。これ食べちゃうと缶詰の洋梨は使えません・・・。なので私自身も最近は洋梨が出回る頃にしか作らなくなりました。

           洋梨のコンポートは別にアイスクリームとチョコレートソースでサーブ。これだけでも十分デザートになる1品です。

           まだまだ店頭にはフレッシュな洋梨が並んでいるので、ぜひお手にとってお試しあれ♪
          | 手土産スイーツレッスン レポート | 18:41 | - | trackbacks(0) | - | - |
          これこそ手土産スイーツ@10月レッスン
          0
            手土産スイーツ10月 2

             今月は「栗を使った焼き菓子」ということで・・・。
            ★ガレット・ブルトンヌ
            ★ガトー・ブラン
             です。

             ガレットはフランス・ブルターニュ地方の焼き菓子。バターたっぷりの厚焼きクッキー。焼くと広がってしまうのでセルクルかカップに入れて焼きこみます。今回はこれを栗のシロップ煮とホイップクリームと一緒に食べていただきました。実はガレットってタルトの土台にすることも。

             ガトー・ブランはガレットを作るときにあまる卵白で作る焼き菓子。フィナンシェの変形版です。こちらには栗のシロップ煮とミルクチョコレートを刻み込みました。焼き立てと一晩たったものを両方食べ比べもらいましたが食感の違いがはっきりしていて面白いです。
             そして、ガトー・ブランはシリコンのマーガレット型で焼いてみました。やっぱりかわいいですよね。今回まとめて取り寄せることにしたのですが、なんとその数、十数枚に・・・。即決したくなるのわかりますね。

             秋も深まる頃になったので紅茶はカレルチャペックの「キャラメルティー」にしましたが、これがまた焼き菓子にぴったりな紅茶でした。

            手土産スイーツ10月 1
             ラッピングは昔のマーサ・スチュアートの雑誌にインスパイアされて。パウンドケーキを入れる袋と細いリボンでささっと。リボンの通し方がちょっと変わっています。リボンは2色使うととてもかわいいです。

             9月からひたすら「伸ばしもの」が続いていますがあと2ヶ月続きます。来月からは「タルト月間」です!!

             今月も受講くださった皆様どうもありがとうございました!!
            | 手土産スイーツレッスン レポート | 19:25 | - | trackbacks(0) | - | - |
            手土産スイーツレッスン9月 「さつまいもスイーツ」
            0
              手土産スイーツ9月

               今月から秋の味覚シリーズ。
               フードプロセッサーを使って作る基本生地と秋の果物のコラボです。

               今月はフードプロセッサーで作る速成パイをレクチャー。ミルフィーユや今回みたいにフィリングを詰めて焼きこむタイプならこれで十分です。

               今回のメインはさつまいものフィリングをつめ、仕上げに黒ゴマをたっぷりまぶして焼きこんだもの。成形もかなりラフにしています。今回はメープル風味のホイップクリームと共にお出ししました。ちなみにこのメープルシロップで作るロールケーキも美味ですよ。

               余った生地で作るチーズパイ。一度食べ始めると止まらないシロモノです。これを作りたいがためにパイ生地を仕込みたいくらい・・・。

               もうひとつお手軽なスイーツ・・・ということで「蒸しパン」も。今回はルクルーゼを簡易蒸し器に仕立てて蒸しあげました。まだこの時期のさつまいもは新イモで甘さがイマイチでしたのでちょこっと手を加えてあります。

               今回のスタイリングは「和」を意識し、お皿は和紙で。お茶も我が家の常飲茶「かたぎ古香園」のほうじ茶にしました。このお茶もやめられない・とまらないかも。

               来月もまたお待ちしております。
              | 手土産スイーツレッスン レポート | 12:44 | - | trackbacks(0) | - | - |
              手土産スイーツレッスン 7月
              0
                プリン

                 今月の手土産スイーツレッスンは「プリン」がメインです。
                 今のトレンドとは逆らったしっかり固めのプリン。写真は小さめポーションですが、実際はデンっと大きく焼きました。
                 私、プリンは焼く派です。蒸すのは相性が悪い・・・。
                 バニラビーンズはタヒチ産、キャラメルは苦めに・・・。この辺りはちょっとマニアかも。

                ヴァシュラン

                 ヴァシュランというのはもともとフランスの古典菓子。アイスクリームとメレンゲ菓子を組み合わせたお菓子でして、今の時期にぴったり。
                 本当はもっと大きなアントルメにするのですが、うちではおうちで再現できるようにおひとりさまポーションで。このメレンゲ、簡単なんだけどくせになるお菓子。
                 ソースはマンゴーとカシス。この組み合わせおいしいんですっ♪

                 ラッピングは笹の葉と籠を使った涼しげで和風なアレンジにしました。
                 ちょっと笹の葉が扱いにくかったかも・・・。ゴメンナサイ。

                 8月はおやすみで、また9月からバリバリやりまーす♪
                 またよろしくお願いいたします。
                | 手土産スイーツレッスン レポート | 01:09 | - | trackbacks(0) | - | - |
                手土産スイーツレッスン6月終了しました
                0
                  手土産スイーツ6月試食風景

                   今月からクラスがまた増え、にぎやかなレッスンでした。

                   6月は「シフォンケーキ」。オーブンミトンのメゾットを取り入れたものです。ふわっふわなこのシフォンケーキを作るには「メレンゲ」が命。レクチャーではメレンゲの作り方を中心に気迫あふれるレッスンになっていました(爆)

                   シフォンはベーシックなバニラとアレンジで「チョコと小豆」。このアレンジのシフォンはどこのクラスでも大絶賛でした!!

                   シフォンに添えるクリームはどちらのシフォンにも合うように全ての素材と相性のよい「柑橘類」を使った「イエロークリーム」にしてみました。クリームに混ぜても、ヨーグルトに入れてもおいしいですよ。今回は水切りヨーグルトと一緒にお出ししました。

                   レッスンが始まった途端、暑くなったのでドリンクは急遽アイスティーに。「ペニンシュラホテル」のオレンジペコはホットでもアイスでも美味しくいただけました。

                   手土産はカットしたシフォンをアイアン箱に入れて各自好きなリボンを結んでもらいました。リボンが変わると雰囲気がガラリと変わって面白いです。

                   受講くださった皆様、どうもありがとうございました♪
                  | 手土産スイーツレッスン レポート | 15:45 | - | trackbacks(0) | - | - |
                  5月のスイーツレッスン 「チーズケーキ」
                  0
                    チーズケーキラッピング

                     今月も無事に手土産スイーツレッスン終わりました。

                     チーズケーキもそれこそ星の数ほどレシピがあるわりに美味しいレシピに行き着いたことがない方多いと思うのですが、私もそうだったと思います。
                     学生のときにはじめてNY風チーズケーキに出会って「本当においしい!!」って思ったのを覚えています。それから何年かかけて今の配合と作り方にたどり着きました。
                     チーズケーキは技術のいるお菓子ではないのですが、手間がかかるお菓子だと思います。使う道具もたくさんですしね。でもかけた手間の分だけ絶対おいしいチーズケーキです。

                     今回はベーシックな「NY風チーズケーキ」を。底のクッキー生地はキャラメルクッキーでアレンジしました。もうひとつはお砂糖をホワイトチョコレートに変えて作った「ホワイトチョコレートチーズケーキ」チョコのミルキーな甘さがチーズと絶妙に合います^^。
                     いつも教えるお菓子に合うソースやお茶を出すようにしているので、今回はチョコを使ったチーズケーキなのでラズベリーと赤ワインのソースを添えてみました。ベリーつながりとチーズ系には絶対フレーバーティーと決めているので紅茶はカレルチャペックの「クラッシクローズ」を。カレルチャペックはフレーバーティーも飲みやすいので気にいっています。

                     で、今回のラッピングが上の写真。今月も箱を作りましょうキャンペーンということで、厚紙と薄紙(このときはオーブンシート)を使った即席箱を。これいろんな大きさに出来るし、市販の箱にはないものも出来るので便利かと。リボンは細いコのほうが合うと思います。

                     今回も受講くださった皆様ありがとうございました〜♪
                    | 手土産スイーツレッスン レポート | 22:53 | - | trackbacks(0) | - | - |
                    4月レッスン終わりました。
                    0
                      スコーンレッスンティータイム
                      お茶の時間です。

                       今月も無事にレッスンが終わりました。お疲れ様でした〜。

                       今回は「スコーンとジャム」ということでスコーンを3種類、ジャムを2種類レクチャーしました。

                       プレーンなスコーン、プレーンスコーンにドライフルーツを混ぜたもの、そしてプレーンなスコーンのアレンジバージョンの3つ。
                       成形はざっくりとカットして丸めるだけ。このほうがロスも出ないし、素朴な雰囲気が出て好きなのです。もちろん丸くくり抜いても四角でも三角でもお好きにアレンジを・・・。

                       さっくり・ホロリのスコーンは大人気であっという間に完食。さらにデモで焼いた焼きたてスコーンも瞬く間に・・・。ここまできれいに食べていただけると私も本当に嬉しいです★

                       ジャムは苺のジャムとキャラメルリンゴのジャム。特にキャラメルリンゴのジャムは病みつきになります。キャラメルをこれでもかっというくらい焦がすのがポイント。
                       お茶のときはこの2つのジャムにクロテッドクリームとジャムバターをお出ししました。思いのほかジャムバターが大好評でした。もちろんこちらもきれいに完食♪

                      スコーンラッピング
                      生徒さんの作品大集合〜♪

                       今回のラッピングは箱がない場合におうちで簡単に作れる箱の作り方をレクチャー。皆さん思い思いにリップルボードをチョキチョキ・・・。お菓子の教室なのか工作教室なのか・・・(爆)でしたが、こうしてみなさんの作品を並べるとどれも個性的で面白いですね。

                       今月からレッスンが増えて「はじめまして」の方が何人か見えて私も緊張でした。
                       びっくりだったのは今回のスコーンが大好評で、試食のときはもちろんのことすぐに復習してくださる方が多いこと。それだけ気に入ってくださったということですよね!!
                       レッスンにお越しくださった皆様、ありがとうございました。

                       来月は私にとっても思いいれのあるお菓子、「チーズケーキ」。こちらも気に入ってくださるといいのですが。
                      | 手土産スイーツレッスン レポート | 23:13 | - | trackbacks(3) | - | - |