RECOMMEND
小さなジャムの家
小さなジャムの家 (JUGEMレビュー »)
クリスティーヌ・フェルベール
 サロン・ド・ショコラでも話題になった「ジャムの妖精」と呼ばれるフェルベールさんのレシピ集。
これを見てジャムを作っても写真を眺めてフランスにいる気分を味わっても素敵ですね★
RECOMMEND
e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ3』
e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ3』 (JUGEMレビュー »)
きむら かよ,晶子,アコ
 今回もかよさん、アコさん達の作られた素敵なお菓子とお料理がたくさん載った、とてもかわいい本です♪
 シンデレラとチョコレートのお城のケーキや、ミートローフやフィッシュパイがストライクジーンまっしぐらです★
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

atelier de Sucre

アトリエ・ドゥ・シュークルのレッスンやイベントの案内・レポートのブログ。
たまにおすすめの本や道具の紹介も。
<< 鶏のトマトソース煮込みで秋のランチ@おうちカフェレッスン10月 | main | 12月レッスンのお知らせ(受付終了しました) >>
栗満載のお菓子達@手土産スイーツレッスン10月
0
    ガトーブルトンヌ テーブル

     今月は栗を使ったお菓子がテーマでした。

     昨年やった「ガレット・ブルトンヌ」の大きい版というイメージの「ガトー・ブルトンヌ」。今回は間にマロングラッセを敷きつめて焼いてみました。サクサク・ホロホロの生地の中にマロンの旨みが広がる贅沢な焼き菓子です。バターが逼迫してきているのにこんな贅沢なお菓子なんて(爆)さらにフープロで生地を仕上げていくので作る頻度が増えそうな感じです。

     もうひとつは生の剥き栗を使ったモンブラン。ひとつひとつ小さく作るんじゃなくて大皿にでんと絞り込み途中絞り袋暴発事件が多発しましたが(爆)、上にホイップクリームをのせ、好きなだけすくっていただくスタイルに。あっさりとした甘味とほのかな栗の風味におかわり続出でした。

     ラッピングはかぼちゃに埋もれていますが、ガトー・ブルトンヌをカットしてモノを紙で包んで窓付きの袋に詰め、あとはいろんな小物でかわいらしくアレンジいたしました。

    ガトーブルトンヌ 試食
     試食は焼きたてのガトーブルトンヌと作って1日置いたもの、両方食べ比べてもらいました。時間が生み出す旨み、また作った人の特権の焼きたての味、そういった些細な楽しみを味わってもらえたらいいな・・・と思います。

     今月お越しくださった皆様ありがとうございました。
     来月はこれまた旬を迎えるりんごのお菓子です。お楽しみに〜♪
    | 手土産スイーツレッスン レポート | 21:02 | - | - | - | - |